Vコンサルタントブログ

  • V建設業コンサルセンター
  • Vコンストラクションマネジメントセンター
  • Facebook

テレワークに勝るものはビジネスを制す

 新型コロナウィルス感染拡大が、新しい生活様式と同時にテレワーク活用という新しいビジネススタイルをメジャーにしました。例えば、私達コンサルタントの仕事もそうです。現場の状況が分かっていれば、かなりの部分はテレワークによる「WEB会議」で事足ります。「WEB会議」を経験された方も多いと思いますが、案ずるより産むがやすし、かつかなり内容の濃い打合せができます。一人づつ話を聞いてから、次が話すスタイルなので、きちんとものを考えて話すように心がけます。ムダ口もなくなりますし、増してや「大声を上げる」などはちょっと違うかなという感じになり、大人の会話ができます。もちろん、全てがテレワークで済むわけではありません。現場の状況も変わります。カメラを持って回ってもらうことでも代替できますが、定期的に現場を見て、働く人の感覚を肌で感じることの重要性は変わるものではありません。しかし、今まで1日がかりで1時間か2時間打合せをしに遠方まで出かけていたものが、その時間だけで事足り、その分デスクワークを付加でき、サービス品質向上が可能になります。「テレワーク」を活用し、同業他社に先んじることができれば、ビジネスを制することができるのです。